京都市上京区を中心とした地域に根差した医療(訪問診療 訪問看護)、
京都での旅行透析は北野天満宮前の相馬病院へ

医療法人 相馬病院

診療時間・電話番号

訪問診療のご案内

相馬病院では、患者様のご自宅に定期的に伺う、訪問診療(往診)を行っています。
ご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。

訪問診療に関するお問い合わせは・・・

電話 : 075-463-4301

当院地域医療連携部、又は病院受付にご相談ください。

ファックスでのお申し込みも受け付けております。

担当医紹介

ごあいさつ

安心して在宅での生活を続けていただけるよう当院の在宅療養支援体制を強化しています!

相馬病院では、以前より住み慣れた場所で療養したいと希望される患者さんのご自宅に定期的に診察に伺う訪問診療(往診)を行っています。

脳梗塞、脳出血や神経の病気で通院が困難な患者さん、癌で治療(療養)中の患者さん、高齢で慢性疾患(高血圧、糖尿病、肺・胃腸の病気等)があるが、認知症や腰痛、膝関節痛などで一人での通院が困難な患者さん、その他のいろいろな病気で継続した治療、医療管理が必要な患者さん等、在宅での療養を希望されるすべての患者さんを対象に院内外の訪問看護ステーションやケアマネージャーと連携をとりながら、安心して在宅での療養生活ができるよう訪問診療を行っています。

在宅では点滴、中心静脈栄養、在宅酸素、膀胱留置カテーテル、胃ろう、経管栄養、気管切開、褥瘡(じょくそう=床ずれ)、癌の痛みのコントロール等、入院中とほぼ同じ程度の医療管理処置が可能です。また整形外科医による膝関節への関節内注射、腰痛等に対する局所注射も訪問診療で行っています。

これまでにも相馬病院は安心して在宅での生活を続けながら、治療、医療管理を行えるよう在宅体制を整えてきました。平成22年4月からは、在宅療養支援病院となり、訪問診療の管理患者さんの病状変化に対応するため、原則24時間365日緊急往診できるよう医局の医師体制を整えました。また、管理患者さんの病状悪化時には可能な限り、常に入院できるよう病床管理を行っています。平成23年4月からは、院内部門として訪問診療、訪問看護、居宅介護部門(ケアマネージャー)、地域医療連携室(医療ソーシャルワーカー)を統合し、在宅療養部を設立しました。患者さんが安心して入院から在宅へ移行でき、また在宅療養できるよう、医療・看護・介護部門が緊密に情報交換できる体制を整備しています。平成23年12月には訪問看護ステーションそうまを開設し、緊急時には24時間、訪問看護が可能な体制を整え、 患者さんがさらに安心して在宅療養ができる環境を整えてきました。

現在は往診件数も月約900件となり、昨年は在宅での終末期を希望される患者さん20人をご自宅で看取ることができました。

これからも患者さんが安心して24時間365日、在宅での療養ができるよう、医療・看護・介護各部門が連携して支援していける体制を引き続き整備していく予定です。 訪問診療をご希望される患者さん、ご家族の方は、在宅療養部、あるいは病院受付までご連絡ください。

在宅医療に関するよくあるご質問

  • 在宅医療とは?
    住み慣れた自宅で療養したいと希望される患者様、ご家族の生活を支える医療が在宅医療です。
  • 訪問診療と往診の違いは?
    事前に曜日を決め、定期的に訪問し診察、検査を行う事を訪問診療と言い、急な発熱、病状の変化、悪化により緊急で訪問し診察する事を往診と言います。
  • どんな病気が対象ですか?
    脳梗塞、脳出血や神経の病気で通院が困難な患者様。癌で治療(療養)中の患者様。 高齢で慢性疾患(高血圧、糖尿病、肺や胃腸の病気等)があるが、認知症や腰痛、膝関節痛などで一人での通院が困難な患者様。その他、色々な病気で継続した医療管理が必要で、在宅での療養を希望されるすべての患者様が対象です。
  • 自宅では、どんな処置が出来るの?
    点滴、中心静脈栄養、在宅酸素、膀胱留置カテーテル、胃瘻、経管栄養、気管切開、褥瘡(床ずれ)、癌の痛みのコントロール等、入院中とほぼ同じ程度の処置が可能です。
  • 急な往診も可能ですか?
    相馬病院は在宅療養支援病院ですので、原則24時間365日、緊急往診出来る医師体制を整えています。
    もちろん、心配事や相談事があれば、いつでも電話で相談してもらっても構いません
  • 病状が悪化した時は?
    在宅での処置、治療が困難で入院が必要な場合は、可能な限り常に入院出来るよう病床管理を行っています。
  • 在宅での看取りは?
    ご自宅での終末期を希望される患者様にも対応しています。
  • 往診の範囲は?
    上京区、北区、右京区、左京区、中京区が対象ですが、場所はご相談ください。
  • 訪問診療の費用は?
    70歳以上での1割負担の方で週1回、月4回、訪問した場合、概算で9,000円程度のお支払いになります。
    ※市民税非課税世帯の方で限度額適用・標準負担額減額認定証をお持ちの方は、月の限度額が、8,000円になります。
    ※身体障害者の1級または2級の認定を受けておられる方、また公費をお持ちの方は、負担金がない場合もあります。

サブメニュー

/menu_sub
ページの先頭へ戻る