京都市上京区を中心とした地域に根差した医療(訪問診療 訪問看護)、
京都での旅行透析は北野天満宮前の相馬病院へ

医療法人 相馬病院

診療時間・電話番号

看護部のご紹介

看護部 理念

私たちは、地域住民の皆様の健康を守る為に、
安全な看護をホスピタリティ精神で提供します。

  1. 24時間の救急医療に対応させていただき、住民の皆様の健康を守ります。
  2. 患者様に受けていただく看護の安全性を保証します。
  3. 研修等に積極的に参加し、自己研鑽に努めます。
  4. 社会の一員として、常識ある人間を目指します。

看護部長のごあいさつ

看護部長(写真)

平成18年より当職に着任させていただいております。

看護職員の定着のために教育体制の見直しをしてきました。中小規模病院の利点を活かし、一人ひとりの職員の個別性に合わせた指導方法を、屋根瓦方式で見守り仲間として受け入れる態勢を構築してきました。

このことが奏功して施設基準を上げることができ、現在は「自分や家族が受けたい看護」の理念を追求し、良質な看護の提供を目指して日々看護部職員一丸となって活動しています。 「良質な看護」はまずあたり前に安全であることをモットーに、現在様々な取り組みをしています。 詳細は看護部ブログを毎月更新してご紹介していますので、是非ご覧ください。

看護部長 高橋 鈴子

高橋看護部長の理念

「自分や家族が受けてみたい、受けさせたい、
心のこもったケアを提供させていただく相馬病院看護部」です。

その目標に向かい『親切なおもてなし(ホスピタリティ)』を心がけて
地域の皆様から安全で安心、信頼される看護の提供を目指しています。

そういう視点から、「新人オリエンテーション」をスタートし、「新人教育」「中途採用者教育」「看護助手教育」などの業務改善に入職者の立場を尊重した施策を模索、また都度アセスしています。 その為には先ずは社会人としてのマナーを身につける、気配りができる、話しをキチンと聴くことができる、患者様と喜びや悲しみを共感できるなど、看護師としての基礎を管理職みずから『隗より始めよ』をモットーにリスタートしました。

未熟な私たちですが、少しずつ、半歩ずつでも手応えを感じています。
そうした手応えが身近に感じられる距離感が中規模病院と呼ばれる相馬ならではの働き甲斐に繋がると日々実感しています。

私たちと一緒に業務改善に取り組み、喜びを共感していただける方を心よりお待ちしています。

看護部 目標

平成28年度の看護部の目標と、これを基にした各部署の目標をご紹介しています。

過去の目標

サブメニュー

ページの先頭へ戻る