京都市上京区を中心とした地域に根差した医療(訪問診療 訪問看護)、
京都での旅行透析は北野天満宮前の相馬病院へ

医療法人 相馬病院

診療時間・電話番号

医療法人 相馬病院は平成29年11月をもちまして、創立80周年を迎えました。

創立80周年記念ページ 目次

理事長・院長のごあいさつ

理事長のごあいさつ

相馬靖医師(写真)

相馬病院は、菅原道真を祭神とした北野天満宮の真前に位置し、界隈は西陣織の街として歴史と文化と伝統の息づくところです。

この地で、昭和12年以来、外科、整形外科、泌尿器科をはじめ、内科、循環器内科、消化器内科など各科の専門医を常勤医として配置して診療を続け、また、救急病院として救急医療体制も早くから整備して、地域の皆様のかかりつけ病院として歩んでまいりました。

おかげさまで、平成29年11月1日に80周年を迎えることができました。

医療を取り巻く環境は刻々と変わっております。当院でも、訪問診療・訪問看護を充実させ、より一層皆様のニーズにお応えできればと考えております。

医療法人 相馬病院
理事長 相馬 靖

院長のごあいさつ

上林政司医師(写真)

相馬病院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

地元の皆様、そして最近では全国から受診していただく皆様のおかげで当院は80周年を迎えることができ心から感謝しております。

昭和12年に相馬伴臣が診療所を開設し、昭和29年に相馬外科病院となりました。当初20床から出発した当院も、昭和33年には救急指定病院となり、昭和54年には123床となり医療法人相馬病院と現在の名称になりました。

私は昭和34年生まれですので私が生まれる前から救急病院として地域医療に貢献してきたことになります。私は平成6年4月から当院に循環器内科医として勤務するようになり、平成19年に院長に就任いたしました。相馬病院でもう23年も仕事をしているわけですが、当院の歴史の3割にも足りません。

この私がかかわりました23年間でも、病院は変化し続けてきました。当院のような規模の病院では大学病院や国公立病院、赤十字病院などの総合病院のように全科を診療することはできず、何かに特化していく必要があります。私が着任した時には心臓カテーテル検査やカテーテル治療を導入し、また、脳神経外科も活発でありました。その頃は90歳の患者様は珍しかったのですが、今では90歳代は当たり前です。

現在の相馬病院では訪問診療・訪問看護など在宅医療と整形外科に力を入れております。在宅医療では地域の患者様に住み慣れたご自宅で医療を受けられ、必要なときにはスムーズに入院治療もできる体制を整えています。整形外科、特に脊椎外科では専門的な治療のため全国から患者様が来られています。

ホームページをご覧の皆様、地域の皆様のお役に立てるよう、職員一同、一層努力を重ねてまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

医療法人 相馬病院
院長 上林 政司

相馬病院の歴史

相馬病院写真
昭和12年 相馬伴臣(当時38歳)現在地において診療所開設。
併し、戦火の拡がりと共に陸軍医として中国大陸、ビルマにわたり従軍。
その間診療所は閉鎖する。終戦後、ビルマ戦線より復員、診療を再開する。
昭和29年 診療所を改組して、医療法人相馬外科病院設立
理事長兼院長  相馬伴臣
病床数 20床
診療科目 外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科
昭和33年 京都市救急指定病院となる
昭和39年 増築により40床に増床
厚生省令による救急指定病院となる
昭和41年 特定医療法人として認可される
昭和42年 増築により78床に増床
相馬秀臣 院長に就任
昭和51年 透析開始
昭和53年 理事長 相馬伴臣逝去
相馬秀臣 理事長に就任
昭和54年 増築により123床
医療法人 相馬病院に名称変更する
昭和58年 増築により130床
昭和60年 鉄筋コンクリートの看護婦寮完成
昭和62年 創立50周年を迎える
平成4年 全面的な増改築工事着工、平成6年に完成し現在に至る
平成12年 相馬 秀臣 名誉顧問就任
相馬 隆臣 理事長就任
楠堂  健  院長就任
居宅介護支援事業所開所
平成15年 ヘルパーステーション相馬開所(紫野商事株式会社)
平成17年 特別養護老人ホーム「西陣憩いの郷」開所(社会福祉法人北野健寿会)
平成18年 相馬 靖 理事長就任
相馬 秀臣 名誉顧問 逝去
平成19年 上林 政司 院長就任
平成23年 訪問看護ステーションそうま 開所
平成25年 耐震補強(B棟・C棟)、大規模改修工事実施
平成29年 創立80周年を迎える

創立80周年記念式典

12月9日に創立80周年記念式典を行いました。

創立80周年記念式典写真

そうまニュース新春号

平成30年 新春号 PDFダウンロード

サブメニュー

ページの先頭へ戻る