京都市上京区を中心とした地域に根差した医療(訪問診療 訪問看護)、
京都での旅行透析は北野天満宮前の相馬病院へ

医療法人 相馬病院

診療時間・電話番号

技術部・医療設備

放射線科

放射線科は日々の業務をチーム医療の一員として行っていきます。

放射線科では、一般撮影、透視撮影、CT、MRI、骨密度測定などを、チーム医療の一員として行っていきます。

1.5テスラ高磁場MRIにより、短時間で高画質の検査ができるようになり、従来の装置ではできなかった造影剤を使わずに頭頸部に加え、腹部、下肢など全身の血管もより安全に撮影できるようになりました。

一般撮影装置 1台 骨塩量測定装置 1台
CT装置(16列マルチスライス) 1台 回診用ポータブル装置 1台
MRI装置(1.5T) 1台 外科用イメージ装置 1台
X線透視撮影装置 1台    

検査について不明なことやご不安などございましたら、何なりとお気軽にお尋ねください。

医療機関の皆様へ

当院では、MRI・CT・内視鏡等の検査も行っております。ぜひご利用ください。

予約方法・検査時間帯・予約受付時間など詳しい内容は
別ページの「MRI・CT・内視鏡等の予約について」をご確認ください。

左:CT装置 右:MRI装置(写真) 左:CT装置 右:MRI装置(写真)

臨床検査科

検査結果から患者さんの顔が思い出せる臨床検査科を目指します。

相馬病院臨床検査科は現在、4名の国家資格を有した臨床検査技師が検査業務にあたっております。少ない人数ですが元気一杯がんばっています。 臨床検査の世界ではどうしても検体検査業務、(血液、尿)を中心に物を考えがちです。 しかし、検体の向こう側にはいろんな不安やしんどさをこらえて検査結果をまっておられる患者さんがいらっしゃいます。できるだけ早く正確に医師の元に検査結果を報告するのは当たり前の仕事です。当院は大規模病院とは違いアットホームな病院です。できるだけ患者さんに近づけるようにふだん患者さんと接する時間の少ない検査科のスタッフでも“検査結果から患者さんの顔が思い浮かぶ医療スタッフでありたい”と日夜努力しています。

負荷心電図検査(トレッドミル法)

心電図と血圧計を取り付け、ベルトコンベアの上をベルトの動きに合わせて歩いてもらいます。徐々に速度が速くなり、傾斜もついてきます。循環器内科の医師が心電図と血圧の変化を見ながら検査を進めていきます。
この検査を実施することで虚血性心疾患の検出、各種不整脈の検出および運動による重症度変化を観察する事ができます。

心臓エコー検査

心臓の大きさや心臓壁の厚さ、心臓壁の運動や弁の動きの状態(弁の狭窄や逆流)、心臓内での異常物の有無等を観察、心臓の機能を評価し様々な心疾患の診断に役立てます。

呼吸機能検査

肺の中にどれくらいめいっぱい空気を取り込むことが出来るかを調べる肺活量検査、一秒間にどれくらいの量の空気を一気に吐き出せるかを調べる一秒量などがあります。このような検査は、気管支喘息や慢性気管支炎、肺気腫、肺線維症などの診断の補助的役割があります。また、全身麻酔の手術では、手術前の肺の状態を知っておくことが非常に重要になるために呼吸機能検査を行います。

ホルター心電図検査

胸部に電極を装着し、記録器を携帯して約24時間分の心電図を連続記録します。主に不整脈の頻度、就寝時の脈拍の監視など日常生活において起こる症状について検査します。

動脈硬化検査(ABI)

四肢の血圧を同時に測定する事により、ABI(足関節上腕血圧比)が算出されます。ABIは腕の血圧と足首の血圧比で、四肢末梢における全身的な血管の動脈硬化の程度や狭窄の有無の判定に有用です。

血液学的検査

血液中の赤血球、血色素から貧血の程度、白血球の多さから炎症の程度や血液の癌といわれる白血病の診断に用います。

臨床化学検査

患者さんから血液、尿などの検体(材料)を採取し、それらを化学的に分析します。当院では自動分析装置を導入し迅速検査(約30分)を実施しております。

左:生化学自動分析装置 右:血圧脈波検査装置(動脈硬化検査装置)(写真) 左:生化学自動分析装置 右:血圧脈波検査装置(動脈硬化検査装置)

リハビリテーション科

診療科・担当医紹介のリハビリテーション科のページをご確認ください。

リハビリテーション科 診察時間

診察時間
午前 9:00~
(受付7:00~)
夜間 18:00~20:00
(受付17:30~)
×

薬剤科

薬剤科の仕事

内服錠剤散薬分包機(写真)
  1. 調剤業務
    入院患者様が服用されるお薬を調剤しています。
  2. 薬剤管理指導業務
    入院患者様が飲まれているお薬について、飲み方や効果・副作用の説明、又患者様からの疑問に対する回答をおこなっています。

栄養科

栄養科では…

  • 「安心・安全・衛生的」で信頼される質の高い食事
  • 治療効果に貢献できる食事
  • 患者様に喜んでいただける食事
をモットーに給食作りに日々勤めています。

食事の提供及びサービスについて

医師の指示に基づいて患者様一人一人の病態に応じた食事を提供しています。 [刻み食、ミキサー食、各種アレルギー、嗜好など個人対応を行っています。

栄養食事指導について

外来栄養指導

外来診察時に予約受付しています。糖尿病、高血圧、脳卒中、心臓病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病やメタボリックシンドロームと診断された方、腎臓、肝臓、膵臓など各器官の病気でお悩みの方、その他食事に関し制限がある方について、医師の指示に基づき指導を行っています。

入院時栄養指導

入院患者様の食習慣、生活習慣の改善の手助け、退院後の食事療法が継続できるようサポートしています。

外来透析栄養指導

毎月1回ベッド訪問を行い透析食に関する質問、血液検査結果と食事に関する質問にお答えしたり、パンフレット等をお渡ししています。

サブメニュー

ページの先頭へ戻る