重要面会禁止のお知らせ(PDF) 発熱症状のある患者様へのお願い(PDF)

京都市上京区を中心とした地域に根差した医療(訪問診療 訪問看護)、
京都での旅行透析は北野天満宮前の相馬病院へ

医療法人 相馬病院

診療時間・電話番号

相馬病院 看護部ブログ

看護部の新たな管理体制2-看護部(15)

[ 看護部の新たな管理体制2 一覧 ]

皆さま、こんにちは。今年度最終の看護部ブログ担当も看護部長の高橋です。

最近のニュースでは「新型コロナウイルス感染」の話でざわついていますね。
最新の情報には目が離せず、日々ニュースチェックに余念がありませんね。
医療機関としての対応や、行政からの指示で職員に対する対応等、医療機関ならずとも通常の業務以外に業務が増えたり、マンパワー不足になったり煩雑な毎日です。
今月中旬くらいで動向も終息に向かうのか非常事態宣言となるのか見極めの時とのことです。
当院でも面会禁止や外来受診の患者様全員に検温させていただき、発熱外来も始め対応に追われております。
毎日平穏に暮らせていることが当たり前でないことを実感しますね。
早く安心して生活できる日を迎えたいものです。皆様も体調管理には十分ご注意ください。

2020年度4月からの法改正に伴い、昨年度に引き続き当院でも専門家をお迎えして院内研修が開催されました。
主な内容は、「同一労働同一賃金」です。これは短時間・有期雇用労働者と正規雇用者との不合理な待遇差を解消することで、雇用形態に関わらない公正な待遇の確保をするための改革で、「均等待遇」と「均衡待遇」の実現を目指しているそうです。同じ業務をしていても労働契約が違っていることで、賃金等の差を無くし平等に取り扱うことです。これにより廃止される手当や新たに支給される手当変更される就業規則があります。

しかし同一賃金同一労働といっても一人ひとりの仕事の成果・能力を無視して同一の給与を支給することまで求められていません。それぞれを公平に評価し、その評価に応じた賃金を決定することが合理的な運用ルールとして認められています。その評価を当院では「人事評価」として導入され、新たな手当として人事評価手当が導入されることになります。

「人事評価」は病院や部署の目標に応じた職員個々の目標を上司と共に設定し、目標に向かい職員は活動し上司はその評価アドバイスをします。あらかじめ今年度は数回役職者の研修も開催され受講しています。
主な目的は上司と所属職員とのコミュニケーションを良好にするためです。日々の多忙な業務の中、スケジュールに合わせて実施しています。今年度はお試しの年でしたが、来年度からは正規に導入されます。面談を繰り返すことで更にコミュニケーションが良くなり、病院組織が活性化し、意欲と満足のある職場であり続けることを願います。

今年度はこれで看護部ブログは終了します。来年度は看護内でも新規の役職者が増え、心機一転2020年度を迎えます。次回より役職者の紹介も含め、役職者のスタッフブログリレーとして皆様にご紹介したいと思います。是非ご期待ください。

サブメニュー

ページの先頭へ戻る