重要面会禁止のお知らせ(PDF) 発熱症状のある患者様へのお願い(PDF)

京都市上京区を中心とした地域に根差した医療(訪問診療 訪問看護)、
京都での旅行透析は北野天満宮前の相馬病院へ

医療法人 相馬病院

診療時間・電話番号

相馬病院 看護部ブログ

看護部の新たな管理体制2-看護部(17)

[ 看護部の新たな管理体制2 一覧 ]

皆さんこんにちは、
看護部ブログリレー2番手は3階病棟師長の中村珠美です。
5月に入り、今までにない静かなゴールデンウィークです。医療にお休みはありませんが、大事な家族や周囲の人や自分も守るために、STEY HOME(ステイホーム)しています。

皆さんは、「死ぬまでにしたい10のこと」という2003年の映画をご存知ですか?
私も歳を重ねるにつれ、自分の去り際、終活を考えるようになりました。その中で実行したことがあります。それはペットを飼う、動物と生活するということです。

私は猫が大好きです。飼いたいとずっと思っていましたが、責任を持って飼うには余裕がありませんでした。しかし4年前ペット飼育可の所に引っ越しました。「猫飼えるのよぉ」「保護猫を探してネット見てるの」と話していたところ、信田師長(6月ブログリレーで登場予定)の友人の方が保護猫活動をしていて子猫をアップしているよと写真を見せてもらいました。
私は茶トラの雄が欲しくて、すぐこの子!と決めました。更に「この茶トラとずっと一緒にいる子がいるの」と言われ、八割れの白ねこを見て、「ええい、1匹も2匹も一緒!
この子もうちの子にします!」と引っ越して1ヶ月もたたないうちに、私は2匹のオス猫の母になりました。

当初は小さくて、私のベッドに一緒に寝ていても寝返りを打つと潰してしまわないかと心配するくらいでしたが、そんな頃は半年までで、あっという間に成猫になりました。ずいぶん甘やかしてしまい、道を散歩する小型犬より大きく成長しました。

朝はエサのカリカリがお皿にないと、2匹分散型攻撃で起こしに来ます。声のトーンを低音・高音使い分け、体の上に乗り、頭を掻きにきます。こうなると起きるしかありません。
朝起きてからと、仕事が終わって家に帰ってからも、自分のことはさておき、トイレの掃除・エサの準備をしてから、自分のことに取り掛かります。その頃にはおなかも膨れお気に入りのキャットタワーやクッションで寝る姿に癒されます。安心しているといきない2匹で追いかけっこが始まり、ソファーに座っている私は踏切台にされます。

色んなことがありますが、念願叶っての猫との生活は満足の日々です。毎朝起こされ規則的な生活が出来ているのは猫のおかげでしょう・・・か?
これからも最後まで長く私の癒しとなってくれるよう責任を持って一緒に暮らしたいと思います。
次回は信田師長です。

サブメニュー

ページの先頭へ戻る